andantino

記事一覧(38)

第8回「活版印刷の話が聞きたい」

活版印刷をテーマにお話を聞いていくトークイベントを東京台東区にある素敵な本屋、Readin' Writin' BOOKSTOREにて開催します。第8回目のゲストは、1965年よりアマチュアプリンターとして活版印刷を続けている溝活版の横溝健志さん。今では昔に比べたら多くの方が活版印刷機を所有し、プライベートプレスが身近な存在になってきているように感じます。まだまだ活版印刷機の所有が珍しかった当時との共通点と違いにもせまっていきたいと思います。【日 時】11月11日(日)11:00〜12:30(開場10:30)【会 場】Readin’ Writin’ BOOKSTORE(東京都台東区寿2-4-7)【参加費】1,500円 ※当日支払い【定 員】20名 【ゲスト】 横溝健志さん(溝活版)【聞き手】東條メリー(「活版印刷の話が聞きたい 斎藤喜徳編」著者)【申込方法】こちらの [ Peatix ] よりお申し込みください。【内 容】1965年に活版印刷機を購入して以来、アマチュアプリンターとして自らデザインした名刺やはがきを印刷し続けてきた溝活版。現在は武蔵野美術大学名誉教授でおられる横溝健志さんにお越しいただきます。
当時のプライベートプレスやアマチュアプリンターについての話を中心にお聞きします。【お問い合わせ先】担当:東條、落合(info@readinwritin.net)

第7回「活版印刷の話が聞きたい」

活版印刷をテーマにお話を聞いていくトークイベントを東京台東区にある素敵な本屋、Readin' Writin' BOOKSTOREにて開催します。第7回目のゲストは、辞書印刷の製版・印刷を手掛け続けてきた研究社印刷の小酒井英一郎さん。活版印刷に関わる若者たちを温かく見守ってくださっている方のおひとりです。【日 時】9月8日(土)11:00〜12:30(開場10:30)【会 場】Readin’ Writin’ BOOKSTORE(東京都台東区寿2-4-7)【参加費】1,500円 ※ドリンクは別途500円 【定 員】20名 
【ゲスト】 研究社印刷株式会社 小酒井英一郎さん 【聞き手】東條メリー(「活版印刷の話が聞きたい 斎藤喜徳編」著者)【内 容】英語・英文学の専門出版社として1907年(明治40年)に設立以来、「新英和大辞典」をはじめ多数の辞書等の製版・印刷を手掛け続けてきた研究社印刷の小酒井英一郎さんにお越しいただきます。欧文活字の活版印刷から今に至る辞書印刷の話を中心にお聞きします。 【申込方法】こちらの [ Googleフォーム ] よりお申し込みください。【お問い合わせ先】担当:東條、落合( info@readinwritin.net) このイベントでは、私が会いたい人をゲストにお呼びしてお話を聞いていきます。活版印刷にさまざまな角度から迫ってみて、言葉に残していったら、活版印刷を未来に繋いでいけるかもしれない。
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

第6回「活版印刷の話が聞きたい」

活版印刷をテーマにお話を聞いていくトークイベントを東京台東区にある素敵な本屋、Readin' Writin' BOOKSTOREにて開催します。第6回目のゲストは2009年より東京都あきる野市で活版印刷をしているBird Design Letterpress の市倉郁倫さん。活版印刷という仕事に誇りと喜びを感じるという、本気で活版印刷に取組む研究熱心な方です。【日 時】6月2日(土)11:00〜12:30(開場10:30)【会 場】Readin’ Writin’ BOOKSTORE(東京都台東区寿2-4-7)【参加費】1,500円 ※ドリンクは別途500円【定 員】20名 【ゲスト】Bird Design Letterpress 市倉郁倫さん【聞き手】東條メリー(「活版印刷の話が聞きたい 斎藤喜徳編」著者)【内 容】2009年よりBird Design Letterpress を開業された市倉郁倫さんにお越しいただきます。DTP関連のシステムエンジニアとしての経歴を持つ市倉さんが、活版印刷という仕事にゼロから踏み出した経緯やディーププレスへの研究とその想いなどをお聞きします。【申込方法】こちらの [ Googleフォーム ] よりお申し込みください。【お問い合わせ先】担当:東條、落合( info@readinwritin.net)  ------ 活版印刷が大好きです。だから、知りたい。伝えたい。昔からある形を。現在の形を。そして、未来の形を。 私が初めて活版印刷と出会ったのは18年前。未だに魅力を感じるのは何故だろうか。このイベントでは、私が会いたい人をゲストにお呼びしてお話を聞いていきます。活版印刷にさまざまな角度から迫ってみて、言葉に残していったら、活版印刷を未来に繋いでいけるかもしれない。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

第5回「活版印刷の話が聞きたい」

活版印刷をテーマにお話を聞いていくトークイベントを東京台東区にある素敵な本屋、Readin' Writin' BOOKSTOREにて開催します。第5回目のゲストは大阪市で活版印刷をしている「なに活」こと「なにわ活版印刷所」で有名な大西祐一郎さん。なに活は2007年より大同印刷所が運営する活版印刷再生プロジェクトとしてスタート。活版印刷機をスクラップから救う活版レスキューというプロジェクトも行っており、活版印刷への愛が溢れている方です。【日 時】4月28日(土)11:00〜12:30(開場10:30)【会 場】Readin’ Writin’ BOOKSTORE(東京都台東区寿2-4-7)【参加費】1,500円 ※ドリンクは別途500円【定 員】20名 【ゲスト】なにわ活版印刷所 大西祐一郎さん【聞き手】東條メリー(「活版印刷の話が聞きたい 斎藤喜徳編」著者)【内 容】1937(昭和12)年より大阪市にて活版印刷業として創業された、大同印刷所(なにわ活版印刷所)の大西祐一郎さんにお越しいただきます。関西と関東の活版印刷の違いをはじめ、関西での活版事情や活版レスキューについてなど、様々なお話をうかがいます。【申込方法】こちらの [ Googleフォーム ] よりお申し込みください。【お問い合わせ先】担当:東條、落合( info@readinwritin.net)  ------ 活版印刷が大好きです。だから、知りたい。伝えたい。昔からある形を。現在の形を。そして、未来の形を。 私が初めて活版印刷と出会ったのは18年前。未だに魅力を感じるのは何故だろうか。このイベントでは、私が会いたい人をゲストにお呼びしてお話を聞いていきます。活版印刷にさまざまな角度から迫ってみて、言葉に残していったら、活版印刷を未来に繋いでいけるかもしれない。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

第4回「活版印刷の話が聞きたい」

活版印刷をテーマに会いたい人をゲストにお呼びしてお話を聞いていくイベントを台東区にある素敵な本屋、Readin' Writin' BOOKSTOREにて開催します。 
今回のゲストは神田錦町の製版屋である真映社の角田光正さん。仕事に対していつも研究熱心で、柔軟な考え方で工夫を凝らした道具を作ったり、若者にエールを送ってくださる方のお一人です。  ご都合の合う方はぜひ遊びにいらしてください。  【日 時】3月4日(日)11:00〜12:30(開場10:30) 【会 場】Readin’ Writin’ BOOKSTORE(東京都台東区寿2-4-7) 【参加費】1,500円 ※ドリンクは別途500円 【定 員】20名 【ゲスト】真映社 角田光正さん 【聞き手】東條メリー(「活版印刷の話が聞きたい 斎藤喜徳編」著者)  【内 容】
1959(昭和34)年より神田錦町にて創業、金属版や樹脂板を取り扱う真映社の角田光正さんにお越しいただきます。特に金属活字が貴重となっている昨今では、自由にデザインできる樹脂板などの製版は活版印刷には欠かせないものとなっています。今回はそんな製版に関する今昔話を中心にお話をうかがいます。 【申込方法】こちらの [ Googleフォーム ] よりお申し込みください。 
【お問い合わせ先】担当:東條、落合( info@readinwritin.net) ------ 活版印刷が大好きです。だから、知りたい。伝えたい。昔からある形を。現在の形を。そして、未来の形を。 私が初めて活版印刷と出会ったのは18年前。未だに魅力を感じるのは何故だろうか。 このイベントでは、私が会いたい人をゲストにお呼びしてお話を聞いていく予定です。 活版印刷にさまざまな角度から迫ってみて、言葉に残していったら、活版印刷を未来に繋いでいけるかもしれない。 皆様にお会いできるのを楽しみにしております。